介護サービスご利用について

介護保険について

65歳以上(第1号被保険者)の方が、介護が必要になった場合に介護保険による各サービスを受けることができます。
ただし、40~64歳まで(第2被保険者)でも、特定疾病が原因で介護が必要になった方の場合も同様でサービスを受けることが可能です。
各市町村(保険者)に申請すると、審査を受け必要に応じて要支援1~2、要介護1~5に認定に認定されます。認定後は、介護支援専門員(ケアマネージャー)を通じて、各サービス事業者のサービスを利用することができます。

nursing_02

※特定疾病とは

筋委縮性側索硬化症・脊髄小脳変性症・後縦靭帯骨化症・脊柱管狭窄症・骨折を伴う骨粗しょう症・早老症・多系統委縮症・脳血管疾患・初老期における認知症・閉塞性動脈硬化症・関節リウマチ・がんの末期・慢性閉塞性肺疾患・糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症・進行性核上麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病・両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

サービスご利用の手順

1.要介護・要支援 認定の申請

介護が必要になったとき、本人または家族などが地域包括支援センターや区役所、居宅介護支援事業所に申請をします。
居宅介護支援事業所等に代行してもらうこともできます。

flow_16

2.申請に必要なもの

要介護(要支援)
介護保険被保険者証

健康保険被保険者証(第2号被保険者のみ)

flow_16

3.訪問調査+主治医の意見書

訪問調査員が自宅に訪問して、本人または家族から聴き取り調査を行います。本人の主治医に、心身の状況についての意見書を作成してもらいます。

flow_16

4.審査・判定

原則として申請から30日以内に認定結果が通知されます。

flow_39
flow_22
flow_23

要支援1~2

1.「要支援1~2」と認定された方

「要支援1~2」と認定された方は、介護保険の介護予防サービスを利用することになります。
いずれのサービスも地域包括支援センターが中心となって、介護予防ケアプランを作成します。

※介護予防プラン作成は、全額が保険給付となり、利用者様の負担はかかりません。

※認定結果と一緒にケアプラン作成事業者一覧が同封されます。

flow_16

2.地域包括支援センター職員によるアセスメント

flow_16

3.担当のケアマネジャーへふくらはぎ健康法タオを利用希望します、とお伝えください。

flow_16

4.サービス担当者との話し合い

flow_16

5.介護予防ケアプランの作成

flow_16

6.予防給付の介護予防サービス、ふくらはぎ健康法タオの利用開始

flow_23

要介護1~5

1「要介護1~5」と認定された方

「要介護1~5」と認定された方は、介護保険の介護サービスを利用することになります。実際にサービス利用を開始する前に、居宅介護支援事業者などに依頼して、利用するサービスの内容を具体的に盛り込んでケアプランを作成します。

※介護予防プラン作成は、全額が保険給付となり、利用者様の負担はかかりません。

※認定結果と一緒にケアプラン作成事業者一覧が同封されます。

flow_16

2.自宅から施設に通い、介護サービスを利用したい

flow_16

3.担当のケアマネジャーへふくらはぎ健康法タオを利用希望します、とお伝えください。

flow_16

4.居宅介護支援事業者にケアプラン作成の依頼

flow_16

5.ケアプランの作成

flow_16

6.ふくらはぎ健康法タオ(サービス事業者)と契約

flow_16

7.ふくらはぎ健康法タオの利用開始